吉祥寺の音楽スタジオGOK SOUNDです。

吉祥寺にある音楽スタジオGOKSOUNDのブログです。GOK通信の記事の閲覧、新譜の紹介やバンド、アーティストの紹介、イベントの紹介などしようと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【So Cool ? So Hard ! No.1】  

 GOKサウンド(以下GOK)とは国分寺時代からのお付き合い。20年以上、へたすりゃ30年近いかも。その後、国分寺から高幡不動に移り、現在の吉祥寺になったわけだが、わたしはそれぞれのスタジオで、アルバムをレコーディングしている。すべてのスタジオで作品を残してるミュージシャンってかなり少ないと思う(エヘン)

 そんななかで、わたし的にもっとも印象に残っているのは、「Under Water ~ 水の中のボッサノーバ」だ。このアルバムは高幡不動のスタジオの引っ越しのさなか(っていうか、ほぼ最終日にかかっていた)でレコーディングされたもの。トラックダウンの途中でピアノが解体されて運び出されていくのを目の当たりにもしたし、あまりの忙しさに、オーナーであり天才エンジニアの近藤さんがトラックダウンの作業中、コンソールに向かったまま寝てしまうというハプニングもあったが、アコースティックで光がキラメクような、素晴らしい音でレコーディングされた。たしかCDジャーナルで年間の最優秀録音賞をもらったはず!

 そして現在の場所吉祥寺へと。しばらくは、その外観から通称「サティアン」と呼ばれていた吉祥寺スタジオ。近藤さんの手作りですこしずつ、現在の形になっていったわけだけれど、近藤さんの、独特で天才的なエンジニアとしての才能は、多くの素晴らしいミュージシャン達から高く評価され、信頼され、素晴らしいアルバムが生まれ続けている。質の高さと、音楽への尽きることのない情熱とこだわりは、音楽に必要のない要素を徹底的に排除して、価格にも反映させ、プロ、アマ問わず、垣根なくどんなミュージシャン(但し、真摯な心を持っていること!)に開かれたスタジオだと思う。

 とはいえ、わたしは、西荻窪のライブハウス「アケタの店」と「GOK」の外観、内装共に容赦のないセンスは、日本でもっともオシャレなスポットのひとつではないかとも思っているのだが。 (橋本一子)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goksound.blog83.fc2.com/tb.php/6-52aba095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。