吉祥寺の音楽スタジオGOK SOUNDです。

吉祥寺にある音楽スタジオGOKSOUNDのブログです。GOK通信の記事の閲覧、新譜の紹介やバンド、アーティストの紹介、イベントの紹介などしようと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Querida Argentina!~親愛なるアルゼンチンへ~

 南米、と聞いて何を思い浮かべますか? 肉食、ラテン系の陽気な人々、サッカー・・・などなど。

 なんだかおおらかを通り越して野蛮な感じもする。アマゾンとか、ジャングル? と聞かれたこともありました。私が何度も足を運んでいるのは、アルゼンチンという国です。この国の首都、ブエノスアイレスは「南米のパリ」と呼ばれ、町並みは古いヨーロッパそのものだといわれています。移民の国、アルゼンチンにはイタリアやスペインからのヨーロッパ系の人たち、もちろん日本や韓国などのアジアからもたくさんの人たちが夢を追って移り住んできました。私の弾いている、バンドネオンという楽器で奏でられるタンゴは、そんな故郷を遠く離れた人たちの望郷の念から哀愁を帯びた曲調が特徴です。

 日本から見ると、地球の丁度真裏に位置するアルゼンチン。時計は途中で時間を合わせることがなければ、日本とほとんど変わりません。昼と夜が逆になるだけです。本当に真裏なので行き方もいろいろ。どっち周りで地球を半周するかだけの問題なので、北米経由か、ブラジル経由か、アフリカ経由かなどがありますが、30時間は飛行機に乗ること、そして日付変更線の関係もあり、2泊を機内で過ごすことになります。私が初めてアルゼンチンにいったのは2001年。しかもそれが初の海外旅行で、現地でアパートを借りて1ヶ月の滞在というものでした。スペイン語もほとんどわからず、知り合いがいるわけでもない。でも不思議と不安な気持ちはありませんでした。

 放浪癖が高じて地球の裏側までいきあたりばったりで行ってしまったわたくし・小川紀美代と、不思議で魅力的な楽器・バンドネオンとのお話を6回に分けて連載させていただきます。どうぞよろしくお付き合いください。  (小川紀美代 バンドネオン奏者)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goksound.blog83.fc2.com/tb.php/8-9dd05809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。